子供で出来る口臭予防は何がある?安全な方法をご紹介

まだ小さくてかわいらしい我が子の口が臭いなんて信じられない!
そんな気持ちを経験したことのあるお母さんがいらっしゃるでしょう。
最近は子供の口臭が増えているようですが、簡単に予防できますので安心してください。

子供の口臭の主な原因とその簡単な予防法をご紹介します。
虫歯や歯周病による口臭は、もちろん歯科で治療を施すことによって改善されますが、そもそもなぜ虫歯や歯周病になったかというと、子供はまだ正しいブラッシング方法を身につけていないからです。
ですから、根本的な口臭予防としては毎日の正しい歯磨きが有効です。
子供が一人で磨くと必ず磨き残しがありますので、親が仕上げ磨きをしてあげましょう。

口呼吸による唾液不足が原因の口臭というのは、鼻呼吸がうまくできない子供によく起こります。
うがいや水分補給だけで容易に解決できますが、長い目で見ると鼻呼吸をするよう子供に練習させることが望ましいでしょう。
アレルギー性鼻炎などで鼻がつまって口呼吸になるケースは、鼻炎の治療を並行して行なう必要があります。

ストレスが原因による口臭もあります。
現代において、ストレスというのは大人だけが感じるものではありません。
ストレスを感じると自律神経の活動が鈍くなり、唾液の分泌量が減少するので、口内が乾燥しやすくなり口臭が発生します。
親は子供がどこで何にストレスを感じているのかを見極め、それを解消してあげられるよう対応しなければなりません。
子供と一緒に時間を過ごして話をよく聞いてあげたり、遊んであげたりするだけで、子供のストレスというのは解消されることも多いようです。

子供とはいえ自我や自尊心を持っていますから、友達から口臭のことを指摘されると傷ついてしまいます。
ぜひとも親が早めに原因をつきとめて、正しく対処し、予防してあげることが必要でしょう。