歯医者に相談すると行ってもらえる口臭予防の方法とは

歯医者では、一般に知られていない専門的かつ効果的な口臭予防を教えてもらえたり行ってもらえます。
そのいくつかをご紹介しましょう。

生理的口臭の原因の一つは、唾液の分泌量が少なくなって口の中の細菌が増殖することなので、唾液の分泌を促すことで口臭を改善できます。
ストレスを感じると唾液の分泌が減少するのに対し、深呼吸や軽い屈伸運動をして意識的にリラックスするなら唾液が出やすくなります。
うがいをすることやガムを噛むことで唾液腺を活発化できます。
人間の口は異物を感じると唾液が出るようになっているので、かみ疲れてしまっても舌の上に丸めたガムを置いておくだけで唾液の分泌を促します。
口の中で上下左右に舌をぐるぐる動かすことで唾液腺を刺激することができます。
歯磨きのみならず、舌磨きをすることで舌苔を除去するなら口臭は改善されます。
洗口剤で口をゆすぐのも簡単な予防方法です。

生理的口臭の場合とは違って、虫歯や歯周病などを原因とする病的口臭の場合は治療しなければ改善されません。
歯医者では、口臭の主要成分とされる発揮性流黄化合物を測定し、一人ひとりに合った治療方法を考慮してもらえます。
虫歯や歯周病の治療はもちろん、口の中をきれいに掃除して、口臭の原因であるプラークと歯石を取り除いてくれます。
ドライマウスと呼ばれる口腔乾燥症の治療も行ってもらえます。
また定期的な予防クリーニングも行ってもらえます。
毎日丁寧に歯磨きしても磨き残しが少しずつ溜まっていくものですので、口の健康を維持するために、予防を意識した取り組みを行うのは大切なことでしょう。
歯並びや口の中の環境は人それぞれ異なりますので、一人ひとりに合った正しい歯磨き方法を指導してもらえます。

口臭の原因の大半は口の問題が影響していますので、自分ひとりで悩まず、かかりつけの歯医者で診断してもらって一早い治療に努めましょう。