あなたはどのタイプ?口臭の原因とそれぞれの予防・対策方法について

口臭とは、口や鼻から吐く息に何らかの異常があり不快なにおいがすることを言いますが、一口に口臭といっても実はいろいろなタイプがあります。
たとえば、よくあるのは食べ物が腐ったようなにおいです。
また、ツンとしたにおいや甘酸っぱいにおいなど、様々な種類の臭いが存在します。
ですから、自分の口臭に対して的確な予防・対策を行なっていくには、まず自分の口臭の種類を見分ける必要があります。

口臭は主に病的口臭と生理的口臭の2タイプに分けることができますが、さらに細かく分類すると5タイプになります。
それぞれのタイプと予防・対策法をお教えしましょう。
口臭の80%を占めるのが、虫歯や歯周病などの口の中の病気が原因の口臭です。
このタイプは歯医者で治療すれば自然に解決されます。
舌の表面にできた舌苔が原因の口臭の場合は、歯磨きをする時に舌も歯ブラシで軽く掃除すると解決できます。
にんにくやお酒などにおいの強い食べ物や飲み物を飲食したことが原因の口臭の場合は、市販のスプレーやカプセルなどで臭いを抑えることができます。
大切な約束が控えている前であれば、臭いの強いものの飲食そのものを避けるのが賢明ですね。
緊張している時、空腹時、寝起き時の口臭、生理や妊娠中の女性の口臭は、唾液の分泌量が減ることが原因で起こるだれもが持つ生理的口臭です。

一時的なものですので、放っておいても時間とともに消えていきます。
どうしても気になるようでしたら、歯磨きやうがいをすることや水を飲むことで解決できます。

胃炎や糖尿病、腎臓病など何らかの疾患が原因で発生する甘酸っぱい口臭やアンモニア臭の口臭は、口から出るだけでなく鼻から出す息に悪臭が伴うケースがよく見られます。
この種の口臭は、病院で的確な治療をして臭いの元を断つ必要があるでしょう。
自分の口臭のタイプを見分けて的を射た予防・対策を行いましょう。